25回のリセットで体外受精に挑戦

基礎体温を測って低温相になると、2日以内にきっかり来る
リセットという魔の時間…

昨日の基礎体温フライング(←何この言葉…)から
一時も狂いもなく始まる26周期目。
今月は体外受精に挑みます。

25周期分(1年9ヶ月妊活)の不妊治療費を見て

リセットを機に、不妊治療記録もメンテナンス。
エクセル表は自動計算で、2014年と2015年の不妊治療費用が
出てくるようにしています。

不妊治療費用がとうとう、累計30万超えました。
2014年5月からのクリニック費用と、鍼灸費用と漢方総額。
約1年間の人工授精ステップアップまでの費用です。

医療費控除は初経験しまして、
税金減はありがたかったけれど…
何だかつくづくと、子供ができるまで大変だなーと感じます。

ちなみに体外受精をすると、ざっくりですが30万円以上はかかります。
うーん、1年がかりでかかった費用が1ヶ月で倍増となると
正直言って金銭的な恐怖が拭えない…

体外受精に挑む心持ち

体外受精や顕微授精って改めて、すごい治療法だと思います。
現代医学の限界に挑む感。
逆に10年(?)20年前だったら諦めざるを得なかった領域。
挑戦できるだけ本当にありがたい話だなーと感じるのです。

せっかくだからベストで臨みたい。
卵がすくすく育って、移植周期は子宮内膜もふわふわになって…
こう思うと鍼灸休んでいる場合じゃないのかなーとか。
昨日と全く真逆の心境、ベストを尽くしたい感がでてきます。

けれどどうしても、私は妊娠できないんじゃないか。
今はその時期じゃないかって思いも抜けきれなくって…
何かモヤモヤしているのです。

仕事の忙しさが紛らわせてくれるもの

モヤモヤしながらも仕事していて。
けれど仕事をしているからこそ、気持ちを紛らわせてくれるというか…
パソコンに向かっている時間は(このブログを書く以外の時)は
ある程度、妊娠できないツラさを忘れさせてくれる。

仕事のおかげで体外受精にステップアップできる。
まあ、治療との両立はかなり大変なんですけれどね。

結論、とにかくチャレンジあるのみ

妊活に心底疲れているので、何かグチャグチャな日記になりました。
けれどもとにかく一度はやってみて、ダメだったらその時考えよう。
というより、私は一度諦めようと考えています。

今あれこれ言っていても考えていても、「その時」が来たら
変わることもあります。

けれども本当に、もう私には子供がいるって普通の幸せには得られないって
無気力感の方が最近大きいんです。
妊活に当てる労力と時間、全てに疲れた。
なのでとにかく一回。その一回にまずは集中する。

採卵、翌周期移植、助成金の申請までひとペアで体験してみる。
そのことは結果がどうであっても、経験とか諦めという心境とか。
ムダなことはない、人生の財産になると考えています。

まあなんだかんだ言っても、望むものは一言なんですよね。
自分たちの子供がほしい、ただそれだけ(T_T)




ミトコア300mg購入記事下