黄体ホルモン補充と基礎体温の変化

クリニックへ人工授精後の排卵確認。
見事に排卵は終わっていました。そして以前から希望していた、
黄体補充ホルモンを処方いただきました。
デュファストンというお薬です。

デュファストンの費用は?!

デュファストンは副作用や刺激の少ないお薬なのだそう。
朝と昼で1日2回を飲むことに。7日分の処方をしてもらっています。
合計14錠に超音波検査や再診料加えてまるっと5,000円未満。
陣内ウィメンズクリニックでは5,000円以上はクレジットカード可ですが
微妙に5,000円に満たず現金支払。←記事執筆当時

デュファストンは私的に副作用はありませんでした。
しいて言えば食欲が若干旺盛になったような…いや、関係ないかもだけど。

薬は普段飲み忘れがちなタイプですが、そこは自ら希望して
処方してもらった薬。旅行と重なってもきっちり飲み切りました。

デュファストンで黄体ホルモン補充した効果は?!

こちらが黄体ホルモン補充も未経験で、お薬は当帰芍薬散しか飲んでいない、
前回の22周期目、自然タイミング時の基礎体温。

こちらが23周期目(今週期目)の高温期の様子。

どんどんと体温が高くなっていくように見えませんか?
こんなにグイグイと体温が上がって行くのも初めてのことです。
高温期は妊娠に至らなければもう少しなので、
そろそろビクビクモノではありますが…
けれど…妊娠できていたらいいな。

子授け祈願も叶っているとこれまたありがたいなーと。
色々と楽しみができました。




ミトコア300mg購入記事下