陣内ウィメンズクリニックでタイミング

妊活22周期目の初通院日です。
その後レディース鍼灸子陵に行くという、ハードな一日。

ハードとは言え、どちらも通いやすいので楽しみにしてた日でした。
リラックスするぞーみたいな♪

クリニックは雨なのに混んでいて、約2時間待ちでした。
けれどドリンクもいっぱい飲めたし、雑誌も楽しめたしよかった(*^_^*)
全体待合室は本当にカフェみたい。
今日はAMH初検査の結果と、タイミング初回診察日でした。

陣内ウィメンズクリニックの待ち時間対策

診察券を受付前の機械に投入。すると受付の方が、今日は混んでいて
2時間目安…ということを教えてくれました。
地下1階のくつろぎ待合室で待つ以外に、お出かけもOKなんですよね。
天気がよければあえて散歩しつつ外で待つってのもよいかも。
私はお楽しみだった、地下1階の総合待合室で待つことにしました。

JWCの予約サイト(要利用登録)にはログインすると、
診察時間の目安が出てきます。
例えば外でお茶やショッピングして、キリのよいところでサイトにアクセス。
診察時間が近付いたら戻るってのもアリですね。メールでも送られてきます。

(後日補足)携帯メールに変えておくと院内アナウンスの内容がメールで来ます。
アナウンス聞き逃し時に有効!

待ち時間については、今日は2時間でしが。が、
今はどこの不妊専門クリニックでもそんなモノらしい。
(他のクリニックに通院中の友達やレディース鍼灸子陵からの情報)

CMポートクリニックの時は平均1.5H位でしたが、
2時間待ちの日もありました。
そのため特に、陣内ウィメンズクリニックが長いとも思いませんでした。
何よりその2時間、
子連れを見ることなくのんびり過ごせることが大事!!

待合室に置いてある雑誌の中で読みたかったモノは
さすがに2H近く待ったので、ひと通り読んでしまいましたが…
次は本でも持って行こうと思います(^_^;)

陣内ウィメンズクリニックのタイミング療法は?

今週期はひとまずタイミングと検査から。
前回は女医さんだったので、今日が初めての院長診察でした。

先に内診室で内診。
診察室の声が若干聞こえてくるような来ないような…?

けれど、前の人の診察中に内診の準備って効率よいですし、こちらも
タイツやら下着を脱いだりするのに時間的に焦ることがなかった。
賛否両論あるかもしれませんが、私的にはアリだと思いました。

第一回目の内診(女医さん)に続き、陣内先生もしっかりと見てくれました。
子宮内膜の状況や、育っている卵胞の位置なんかもしっかりと。
後の診察でもちゃんと、超音波写真片手に
どちらの卵巣から排卵しそうか。
卵胞がどれくらいの大きくなっているかの説明もしてくれます。
写真ももらえます。

超音波写真は私以外にもみなさん、診察後に手にしていました。
ここではこういうモノなんですね。初めて受け取ったものなので感動して、
家に帰ってからダンナさんと二人で「ほー(関心)」と眺めてました(笑)

内診後LH測定。尿検査なのが嬉しいですねー
針を刺される血液検査よりも、尿検査の方が精神的負担が少ないですよね。

尿検査から10分位(?)に先生との診察です。
まとめるとこんな順番でした。
その時々前後するかと思うので参考までに。

  1. 内診(超音波画像見ながら説明してくれる)
  2. 尿検査(LH)
  3. 診察室で診察

陣内ウィメンズクリニックに転院してよかったこと

陣内ウィメンズクリニックの院長は、
毎月第3土曜日に行われるという妊活セミナーでは拝見しましたが、
診察は初めて!
話しっぷりの明るい人で、何でも話せそうなそんなイメージです。

初診察日(高温期後半)に行った血液検査の結果と、
タイミング指導の診察ってことで。
血液検査の結果は良好。それぞれの基準数値も補足しながらの説明でした。

AMHは今回初めて受けたのですけど、結果は想定よりはイマイチな感じ…
よ…40歳前後ですか。。なぜだろ?生理周期早いからかしら?

けれどAMHの値は銀行の預金残高みたいなもので、気にする必要はないって。
卵巣に眠る卵の元が減ってきていますよ、という事実を知った上で
妊活をどう進めていくかの参考指標にすればよいとのこと。

まあしょうがないですよね、
過去に妊娠してたら排卵回数も少なかったはず。
同じ36歳でも在庫は豊富だったであろうワケでして…
36年間卵巣はしっかりと働き続けていたのだものね。
ありがたい…

そんな流れで、今後の治療プランを先生と確認しました。

人工授精(IUI)を一度は経験したので、
後3~4回位は行ってそれでもダメなら、体外受精を視野に入れたいと伝えました。
IUIを何回やるかはまだ明確ではない。

すると、ステップアップなどの予定はギッシリ考えるとストレスになるので、
挑戦したいなーと思う時期が来たら言ってね、とのアドバイスでした。

追加で行った方がいい検査に関しては、今期のフーナーテストと、
人工授精を行う前にあの恐怖の…
通水検査を再びやろうねってことに。
人工授精の周期でも、通水検査で卵管の通りを良くしてあげることは
有効みたいですね。
痛くないように頑張ってくれるそうなので、再チャレンジすることに。
まあクリニックも変わったので、違うこともあるだろうし。

高温期が続かない件に関しては、高温期にP4を測定し治療の有無を判断。
今飲んでいる漢方の当帰芍薬散も、30日分処方してもらいました。

漢方は当帰芍薬散温経湯どっちを服用するか?
など、何の種類を飲むかということよりも。
1日3回、しっかりと服用を続けることが大切ってことでした。
確かに…私は、サボり過ぎてたわ(^_^;)

診察の最後も、他に聞くことない?どんどん聞いて!と優しいお声がけ。
妊活ストレスについて、ちらりほらり話しました。

一番いいのは身体を動かすことなんですって。
確かに運動中はハードであればあるほど、
妊活まで頭まわんないかも。
色々とお話も聞いてくれて、話しやすい院長でホッとしました。
診察室を出た後、
何か妊娠できるような気持ちになれて嬉しかったです(*^_^*)




ミトコア300mg購入記事下