凍結胚移植か新鮮胚移植か真剣に悩む

体外受精デビューで初採卵を経験した続き記事です。

受精卵が4つ取れた後、3つが桑実胚まで育ってくれました♡
凍結胚移植の予定でしたが、やはり新鮮胚移植を一つ試してみることに。
採卵後からの体験記を数日間まとめて書きます(^^)

受精確認:4つの卵子で受精できた卵はどれくらい?

採卵&受精した翌日、
決まった時間(12-13時)に受精確認の電話をしました。
4つ卵ちゃんが取れて感謝だけれど、受精ゼロだったらどうしよう…
ドキドキしながらクリニックにTel。

同じような人も多いだろうし時間が決まってるため混み合うかと思いきや、
意外と早くつながりました。

結果は3つ受精してくれました。
このコたちは結果から言いますと、桑実胚で新鮮胚移植の胚が一つ。
後の二つの子たちは胚盤胞になって凍結に至りました。

通常だと胚盤胞になった時点でグレードBC以上の胚を凍結。
月を改めて移植することとなります。
これを書いていて、36歳の低刺激周期の平均個数ってどんなもんか。
実は怖くて調べておりません(^_^;
もっと取れる人もいるでしょうし。
まあ、私自身の予想よりはいい結果なので
もしかしたらありがたいレベルかもしれません。

卵がちゃんと受精してくれたのはもちろん…ましてや
胚盤胞まで育ってくれるってことだけでも本当に!
ありがたく感じて感動しています。

まだこの先は分からないけれど、一歩ステージが踏み出せた訳で。
一個でもいてくれるなら信じたいというか、
大事にしようと思うのです。

桑実胚を移植するか胚盤胞まで待つかどっちがよい?

実は私が悩んだのは、採卵後4日目のことです。
新鮮胚移植するか否かも含めて最終的に決める診察日でした。
胚盤胞の状態で移植した方が、確率はよいという説を知りまして…
桑実胚の段階で移植するのと、胚盤胞まで見送るのがよいのか、
かなり悩みました。

一般的には胚盤胞まで育った胚の方が着床(つまり妊娠)率は高い。
だから胚盤胞の方が数で見れば確率は高いのです。

ところが培養環境で胚盤胞まで育たない卵でも、
体内に早めに戻したら
「桑実胚⇒胚盤胞」となるって説もあるんですって。
そのパーセンテージは色々。いくら培養技術が進歩しても
母体の中にはかなわないという論理もあるんですね。

結局トータルで考えたら変わりないのかも。というより
個体差にものすごく影響していく気がします。

これは私たちなりに悩んで出した結論ですが…
胚(桑実胚から「卵」ではないんですね)にとってベストを考え
桑実胚の時点で移植してもらうことにしました。

初移植体験記と移植した感想などなど

移植の前に内診と黄体ホルモン注射と採血がありました。
排卵採卵周期なので子宮の状態を確認。問題なし。
プロゲステロン注射は初めてしました。おしりに注射受けるなんて
小学生の頃以来だわw 痛いと聞く割には全く痛くない!

しかし意外なことにですねー
移植後からジワジワと痛くなってきて…
座る時になるべく重心かけないようにするのが大変でした(^_^;

移植は採卵と同じ部屋で行います。
採卵の時と同じように回復室でお着替えし、採卵室へ。
こちらの緊張度は採卵ほどではありませんでした。
移植の痛みも多少はありましたが、IUI位かなー

ところが、移植する側の先生は真剣そのもの!
移植するのが一番神経使うんですって。

胚培養士さんの説明を受けながらモニタを見ます。
白い丸いものが子宮に入ってくるのが見えました。
何かものすごーく感動してしまいました。
お帰り!って心の中で呼びかけてみたりしてね♡

その後回復室で30分ほど休憩。実は感動して涙が止まらず。
自分たち自身の卵や胚の画像を見るのも初めてだったのに、
そのうちの一つが実家(私の子宮)に戻ってきたなんて!

「頑張ってね、根をちゃんと張ってね。
この世の中に来たら、人生色々楽しいよ!」
って、子宮に向かって心の中で呼びかけました。
そしたら何か感動しちゃって!

もちろん今でもこう心の中で唱えながら、毎日を生きています。

採卵から16日後の妊娠判定までがなんだかドキドキです…
うまくいくような予感もしつつ、妊活1周期目と同じ位の期待感から
最初のリセットのトラウマが襲って来たり…
そうかと思えば、今子宮の中で胚がどうなってるか気になったり…

黄体補充もプロゲ注射のおかげか、いつもの高温期より熱っぽくて。
何か勝手に妊娠したような気持ちになっています。

けれど期待もし過ぎちゃいけないよねーって。
どう過ごすのがベストかは未だ模索中ですが、判定日という
その時はいつかは来るので、なるべく忙しくして日々過ごしています。
気になる体外受精の結果…(次ページ)




ミトコア300mg購入記事下