人工授精2回目とトドメの一撃作戦

人工授精を約2ヶ月ぶりに行いました。クリニック転院後初、
陣内ウィメンズクリニックでの人工授精です。
人工授精前診察で通院した時に急遽、翌日の人工授精となりました。
どうやら私の卵ちゃんは、即刻排卵モードになったっぽい…
せっかちちゃん(笑)

そんなんで、人工授精の採精考察と人工授精エピソードです。

人工授精で採精は院内か自宅かどっちがいい?!

人工授精日程が急遽決まりましたが、採精を自宅か院内か
どっちにしてもらうかをかなり悩みました。
人工授精当日は大事な仕事があり、時間的にきつかったからです。

人工授精前までに必須の感染症検査の結果。
HIVやA・B型肝炎に梅毒4項目。
私に続きダンナさんも陰性でした。よかった(*^_^*)
そのため、院内採精でも自宅採精でもOKとのことです。

採精は院内か自宅どちらがいいかを先生に聞いてみました。すると、
ここ最近寒いので、自宅で取ったものよりも院内の方が成績はよいのだとか。

とは言え、院内で採精だと採精時間分だけ精液処理に入る時間がズレます。
つまり急ぎなら自宅の方が、人工授精処置までの時間短縮にはなるんだそう。

その後看護師さんから人工授精の説明と日時予約。
当日急ぎの仕事があって、どっちにするか未だ悩んでいると伝えました。
念のため精液入れ容器を渡してくれ、IUI当日は急ぎだという旨を
顧客管理か何かで引き継いでくれたようです。
結果的に、仕事には間に合いました(*^_^*)

ダンナさんに相談すると、どちらでもよいとのこと。
その後冷静に考えたら、時間差的な問題で言えば、採精時間だけですよね。
ダンナさんの傾向だと、採精までの時間はさほどかからないタイプ。
それなら、間に合うかどうかは賭けだけど、院内採精に決定!
予約時刻よりも10分ほど早く、クリニックに向かいました。

採精も提出などの時間も含めて15分ほどで終わった模様。

陣内ウィメンズクリニックでの人工授精体験談

採精後ダンナさんはお帰りに。
その後B1の総合待合室で待ちましたが、朝早かったためか。
診察予定時刻が大幅にずれ込まなかったように感じます。

精液提出後1時間ほどで診察室前へのお呼び出し。いつもより早い!
人工授精当日はまずは診察なのですね。精子の状態を教えてくれます。
私事ですが、数値だけ見るとかなりの優秀精子ちゃん!
それなのに2年近く妊娠できないのが謎なんですけどね(´;ω;`)
不妊原因は私だろうと思っていますけど…

その後内診室に移動し、超音波検査後に人工授精処置になります。
超音波検査で見たところ、まだ排卵前でした。よかった(^^)
子宮内膜の厚さもバッチリ!とのこと。

その後先生に体外受精の移植とIUIの精子注入の違いなんかを聞きながら。
2~3分ほどで精子ちゃんをご移植完了。痛みはもちろんありません。
5分ほど内診台でそのままお休みです。

看護師さんからの抗生物質受取と人工授精当日の注意事項を聞いて終了。
当日は仕事には普通に戻れます。湯船は当日は控えるとのことでした。

出血は多少はありました。けれども通水検査の時の方が多かったかも。
仕事に向かうまで電車に40分ほど乗ったのですが、生理のきついような
出血を感じて気持ち悪かったです…ナプキン当てておいてよかった。
(実際の出血量は多くはなかった)

その後普通に仕事をし、懇親会ではお酒もそこそこ飲む…
長い一日を終えたのでした。

人工授精だけに頼らないもう一技とは?!

今回思いもかけず、早めの排卵疑惑となりました。
クリニックでも、レディース鍼灸子陵でも言われたこと。
それは…

排卵後でもとどめのタイミングを取ること!

妊活を始めたばかりの頃は、排卵したらもう遅いよねって思ってました。
人工授精だって排卵したばかりでも何とかなるとも言われていて。けれども、
排卵前に卵管膨大部に精子がいる状態が大事なはずなんです。

けれどもね、元気で生きのいい精子ちゃんって。
出発後30分で子宮に入ってくるんだとか!
人工授精の場合は子宮に直接精子ちゃんを入れるので、なおさら
間に合う率が高い…とも言えますよね。

今週期排卵日が早まったため…また色々あり、
人工授精前にタイミングが取れていませんでした。
人工授精一発にかけるよりも、出来る限りはタイミングを取って
確率を2倍に上げることが大事ということなのかもしれませんね。

人工授精2回目ですが、1回目よりもストレスの少ない状態です。

2度目の正直となることを祈るのみですね♡




ミトコア300mg購入記事下