レディース鍼灸子陵に通って変わったこと

妊娠判定日まで後わずか…緊張の日々を送っております。
とはいえ、もう自分ができることと言えば決まってる。
ただその日(またはその先…心拍確認まで?!)と、判定結果を待つだけ。
万が一ダメだった時も考え、判定日は予定入れずにしていますが…
できるだけゆったりと過ごしております。

さて、レディース鍼灸子陵についてしばらく書いていなかった。
知っておけばよかったエピソードと、大きく変わったことがありました。

移植後の鍼灸治療があるらしい

体外受精初周期。当時は新鮮杯移植をするつもりはなかったので、
次の鍼灸は生理が来たらすぐってことでした。
採卵前のお話です。

ところが採卵後受精状況を見てたら、無性に新鮮杯移植をしたくなり
決行したこの26周期目。
凍結胚移植か新鮮胚移植か真剣に悩む

移植した後日にふと、「移植後の鍼灸治療があるのでは?」と思いました。
思い立ってその場でレディース鍼灸にTel。するとなんともはや、
移植してから1日後までに、着床よくするための治療があったのだとか!

今回は私も気付くのが遅かった…まあしょうがない。
このまま妊娠できて、妊活鍼灸に通うことがなくなることを祈ろう(笑)
採卵だけの周期のはずが急遽移植まで行うってあり得ることです。
その時はなるはやで、鍼灸に電話してみるのがよさそうです。

レディース鍼灸子陵でご指導受けたこと

一番実行に移せているご指導が、食生活の改善でした。
治療をしてくれる先生の奥様が、
栄養やストレス対策などご指導してくれます。

私が聞いて驚いたのは、たんぱく質をなるべく取るってこと。
卵を始め動物性たんぱく質もしっかり取ってねってことでした。

卵(卵子のこと)の元は卵だからねーしっかり食べてね-!

じゃあ1日いくつまで?と聞くのを忘れたのですが、どこかで
卵は1日3個までと聞いた気がするので、その範囲内でできる限り
卵も食べるようにしています。

一般的に、動物性たんぱく質ダメ&たんぱく質は植物性で取るとか。
たんぱく質より野菜を多く取れとか言われません?
私も30代になってからは、動物性たんぱく質少なめに。
野菜や豆腐などをしっかり取る食生活になっていました。
何事もバランスだとは言いますが、鍼灸に通ってからはなるべく
卵や動物性たんぱく質を意識して取るようにしました。

大きく変わったことはあまり分からないのですが…

クロミッド低刺激ながら期待以上に胚を得られたのは、
鍼灸と食生活もあったのかなーと感じています。

レディース鍼灸子陵の一番のメリットは?

私自身…というかみなさんそうだと思いますが。
妊活ストレス発散の貴重な場になったということです。
私は、陣内ウィメンズクリニック(JWC)に転院してから、
もう一つの癒やしの場をクリニックで得られることができました。
JWCこそ、陣内先生こそ癒やされるんです。だから今も変わらず、
何とか治療も前向きにやっていけています。

ところがそれまでの間は、不妊治療に通うことにストレスが多かった。
つらくてつらくてしょうがなかったんですね。

そんな時、レディース鍼灸子陵に行って普段なかなか
先生に話せない(相談しづらい)ことなんかを聞いてみたりグチったり。
だんだん気持ちが楽になっていきました。

鍼灸でも卵巣が調子よくなるために、ストレスを和らげることが大事とか。
ストレスに効くツボにも刺激をしてると聞いたような気がします。

みなさん色々なクリニックに通っているかと思います。
ただ、不妊治療以外にできることの一つとして鍼灸を考えているなら。
鍼灸で心癒やされる時間も大事だと改めて感じたのでした。
Coming Baby Square(CBS)もいいかも!




ミトコア300mg購入記事下