ツムラの「当帰芍薬散」を飲み始めたら

基礎体温に悩み母に愚痴って泣いてスッキリした後…
不思議なものですごく気持ちもスッキリしました(*^^*)
実家のネコちゃんにも癒やされたかもしれません。
21周期目の21日目(D21)の朝、基礎体温もググっと上がり調子がよい♥
当帰芍薬散という漢方を再び飲み始めたのです!

ツムラの当帰芍薬散を処方してもらった!

妊活を始めて半年ほどになる2013年、内科で漢方を処方してもらいました。
それをきっかけに、子供が欲しいことを相談。
ツムラ23番の当帰芍薬散をもらい、飲み始めました。

2013年はまだ35歳。生理の量も多く(血の気が多いので…)、
基礎体温も高温と低温に分かれていたので、いまいち効果を感じない。

ツムラ106番の温経湯も出してもらったものの、妊娠できず
治ったのは主婦湿疹のみ…
思えば主婦湿疹治ったのもかなり助かったんですけどねー

当帰芍薬散はもし妊娠しても、お医者さんの相談の上で飲み続けられると聞き、
内科に当分行く用事もなくなったので、2ヶ月分を処方してもらいました。

妊娠するためには何かしら行動しないとって思い、気持ち悪かった…
けれどすっかりモチベーションをなくし、一日一回を飲んだり飲まなかったり。
家に残る当帰芍薬散を見て、不思議なことに気付きました。

基礎体温ガタガタなのを当帰芍薬散で治せるかも?!

そんなことに気付いて真剣に1日2回飲みを再会。
すると…
あれだけ上がりきらなかった基礎体温が高温期に入りました!
生理周期18日目(D18)の出来事で、個人的排卵予測は12日目(D12)。
6日間、高温期になったか?と思えばすぐ低温期になって凹んでいたので。
久々の高温相が何だかとても嬉しいです。

卵巣機能の低下には漢方処方がありかも

漢方と言っても、いわゆる漢方薬局がありますよね。
赤ほし(赤ちゃんが欲しい)サイトでも紹介されているような…
近くにあるものの、未だに足を踏み入れておりません。

なぜなら、不妊クリニックに鍼灸と漢方までトリプルで頑張ったら
我が家の家計的に厳しいから…(^_^;)
内科処方の漢方なら、一ヶ月2,000円もしませんし…助かります。

それに、通っている内科も先生がかなり漢方マニアなので
私の体質をよく分かってくれているのも一つです。

そんな漢方マニアの先生以上に、ネットであれこれ調べましたが
妊活に効く漢方は女性向けでも何種類かあり、人によって効く効かないは様々!
だから私には結果的に、当帰芍薬散は効果があるのかもしれない。

サボってて悪かった!ヘタに一日一回飲み続けるよりも。
ちゃんと処方された飲み方は守るべきだったわ!

お医者さん漢方はどうやって探す?!

一番いいのは、不妊専門クリニックで漢方処方してくれるところを探すこと。
けれど地域によっては、なかなかないのかも。私は探しきれなかった…
(真剣に探せてないのかもだけど…)

内科で漢方処方に積極的なところを探してみる。
このパターンもけっこうアリかも。私はそちらのパターンで探し、
体調を取り戻しつつも、当帰芍薬散を処方してもらいました。

不調を感じた時こそ、漢方を見直す時。
これからも一日2回飲み続けて、様子を見続けたいと思います。
卵子の老化に働きかけるサプリメントも発見しました
妊娠できるためなら、何でもしたい気持ちでいっぱいです。




ミトコア300mg購入記事下