インターネット不妊?!私なりの対策

勉強みっちりの連休も終わり、明日からお仕事と治療再開。
クリニックに提出する、体外受精同意書に署名捺印したり、
クリニックから配布された体外受精説明書を読んでいました。

ふと私の中でよぎったことがあります。それは、
インターネット不妊疑惑です。

初めての体外受精、分からなくて調べると…

なにせ初めての体外受精。分からない言葉がけっこう出てきます。
この言葉の意味って何だっけ?とググる(検索する)。

するとこんな言葉が目に入ってきました…

体外受精するも受精しなくて、1個の受精卵を移植したら失敗

えーーー受精できないなんてあるのか?!
結論から言うと起こり得ることみたいです。鍼灸で聞いた
レスキューICSIという言葉。
体外受精(IVF)で行うも受精しなくて急遽顕微授精(ICSI)に
切り替えるという方法。行うクリニックは限られるとか。

まあこんなことを調べているから不安がよぎるんですよね。
私、受精障害があったらどうしようか…?と。
受精障害は卵子の殻が固くなったり卵子の機能低下によるものと
精子の機能的な障害によるものと2パターンあると分かりました。

じゃあ結局のところ不妊原因なんて、男女どちらに問題あるかとかは
明確には分からないのねー!と、うなずく私。ん?!何かおかしい。

脳内では完全に「受精障害の人」になってるじゃないかーーー??

診察時先生に質問するリストに、こんな質問入れようとしていてた…

(質問)受精障害が発見されたらどうするんですか?

いやいや、それって、自分たちに受精障害があると決めつけてない?!
というか、体外受精すらしていないじゃない?!って。

そこでインターネット不妊という言葉を思い出しました。

インターネット不妊って何?

インターネット不妊とは言葉の通り、インターネットが原因の不妊。
不妊治療や妊活情報を色々調べ過ぎた結果、不妊が進むという
現代病の一つだそうです。
インターネット不妊という言葉を目にしたきっかけは、
「あなたが妊娠する3つの理由」という本や著者のサイトです。

最初見聞きした時は、そんなこと言ってもしょうがないよーって位に、
妊活情報にどっぷり使っていた頃でした。
基礎体温とか人工授精にステップアップのプラン立てとか…
仕事の合間にもコソコソネットで情報収集していたのでした(^_^;)

最近はここまでどっぷり浸かることはなくなったんですけどね。
万が一起こり得るケース…みたいな感じで情報を目にすると。
結局脳内で実現してしまう気がします。

成功をイメージできることは実現できるというけれど、
起こって欲しくないこと、つまりリスクに対しても、
同じことが言えるのかなーと感じたのでした。

妊娠できない不安をふくらませた時の精神的対処法

結局のところ、「最悪なことは起きない」って一言を思い出すこと。
それに尽きるのかなーと感じたのでした。
最悪なことは起きないって、私が尊敬する人の一人が発してた言葉です。
何に対してもそう思って信じているのだとか。

こう思えると強いですよね。不安よりも、やってやるぞーって気の方が
多いんじゃないのかしら?その人を見ていて、そう思っています。
不安って誰にでもあるものですよね。
今の話だと、受精障害が起こって妊娠できないというのが不安の元凶。

自分に好ましくないことって、起こり得る可能性がゼロでないけれど
起こらないこともありませんか?

例えば、2010年までに日本経済が崩壊するとか(笑)…
リストラされるかもしれないとか、不治の病になるとか…
どんなことも、100%起こらないとは言えないです。けれども、
その最悪なことが起こる確率と起こらない確率。
冷静に考えて秤にかけたらどうなのだろう?
つまり、受精障害が起こるかどうかを考えててもしょうがない。
あまりそのことをイメージし過ぎると、実現リスクが増えてしまいそう。

だからこそ、最悪なことは起こらないと思い、信じること。
不安は不安として認識した上で、どう考えるかは自分次第なのかなーと。
そんな深いことを考えたワケです。

このまま子供ができなかったらどうしよう的な不安も

妊活もそろそろ2年が近付いてきている私。
この2年のうちほとんどが、こんな風に考えていました。

こんだけ頑張っていても子供ができなかったらどうしよう?

特にリセットの時が顕著で…
今でも落ち込む時は、母になれないという不安が押し寄せてきます。
けれど母になれない確率っていかがなもんだろうか?
自分で言うところの「最悪なこと」が母になれないことだとしたら?
起こり得る確率が0%とは言えないってのが答えなのかなーと。
もし起こり得る確率が10%なら、後の90%を考えるのが賢いのかなーと。
そう思うようになりました。
最悪なことが起こり得る確率と考えてみると。
卵子だってまだまだ残っているし、閉経が50歳なら10年以上ある。
体外受精だって挑戦する。
普通に考えて、最悪なことが起こり得る確率が90%ってのは
考えづらいよね?常識的に考えてみて。

妊活編:インターネットとの付き合い方を考えてみる

私もこんなブログ書いていますし、妊活に悩む人のブログやサイトは
たくさんあふれています。
何か検索すると、Yahoo知恵袋やジネコが検索結果のトップにお目見え。
で、掲示板とか見だすと、だんだん不安が増大化してしまう。

そのため、妊活情報をネットで見る時に。

今自分は何を知ろうとしているかを明確にするってのが大事かもしれません。
冒頭のように、言葉の意味を調べたければ検索してみて。
医療機関やクリニック、漢方薬局などのサイトをなるべく見るようにしてみる。
中身によりますが、割と私感もなく淡々と説明してくれています。
そこ見て意味分かったら、ひとまずおしまい!

逆に精神的に落ち込んで、妊活に頑張る人のブログ読みたい。
それならそれで、時間を決めて読めばよいと思います。
私も凹む時は、妊活ブログを見て励まされています。

掲示板は意識的に読むものから外しています。

悪くはないし、実は一番読みたいけれど、情報量多すぎて…
そんな感じで付き合っていくとよいのかなーと思いました。




ミトコア300mg購入記事下